IMFが韓国に警告。文で量的緩和は危険。とにかく感染症で受けた被害を補填するため。大量にお金をばらまいている韓国政府。そのために韓国式量的緩和まで行って大量に本を発行していますがIMFからついに何やってんの。と釘を刺されてしまいました。それでは記事の内容のまとめとそれに対する反応を見ていきましょう。 国際通貨基金IMFのチャンヨンアジア太平洋担当局長は中央日報とのインタビューで韓国政府の全国民対象の災難支援金支援に懸念を示した。同氏は韓国政府の感染症政策の対応について貿易とマクロ対策の方策はよくやったもののむやみに先進国対策に追いつくのは問題があると警告した。 韓国は国際通貨を発行する先進国ではないだけに政策の優先順位を明確に定めなければならないと述べた。 チャンヨンIMFアジア太平洋局長は感染症の衝撃は1929年の大恐慌よりは少ないかもしれないが09年のグローバル金融危機よりはさらに大きいと見込んだ。韓国は2008年よりなぜもっと悪いのか。彼の分析はこうだった。 世界経済がその時よりさらに悪い。3カ月前まではIMFは世界189カ国のうち。 160カ国がプラス成長するものと見込んでいたが今は170カ国がマイナス成長を遂げるだろうと見込んでいる。韓国が貿易に成功しても主要貿易国の成長率は大幅に下がった。一人でうまくやったからといってうまくいくわけではない。中国経済が08年のようにアジアを救うとは期待しがたい。 当時は中国がGDP比8を超える財政支出で中国経済が急成長した。しかしその後過度な景気刺激政策の被害を経験したため今回は景気刺激の規模に大変慎重を期している。局長は財政見通しというより伝染病の拡散曲線を予測するものであるため不確実性が非常に大きい。世界的な拡散が終わるまでどの国も拡散が終わったとは断言できないと述べた。感染症もすべて終わるまで終わったわけではない。 野球のようにこの記事に対するネットのコメント。心配なのはわかるが今の状況でお金を使わなければいつ使うのか。このままでは韓国ウォンは紙くずになります。基軸通貨でもないウォンをこれほどすれば大変なことになります。私たちは先進国ではないのに勘違いしている国民がわが政府は社会主義をやりたいのでこれで正解なのです。IMFもWHOもいつも口だけである。 量的緩和するならもう少し通貨の地位を上げてからじゃないと。国民も皆知っているが誰も止めることができないんです。 受け入れたくないがたぶんこれは正解の言葉ですね。音で無制限量的緩和は正気じゃないです。 それでは記事を読んだ私の感想ですが。韓国政府って自国の財政状況をどのように捉えているんでしょうか。一応は政治家になることなので無能と言われていても最低限はわかると思います。しかし今のばらまき型を見ていると全く違うものを見ているとしか思えません。何かしらの打開策があるのであればいいでしょうが自分の信念だけに従ってそのためにならどうなってもいいということなのであればあちらの国民は悲惨ですね。この件については国民もいつものトーンが出ないようで。何とか反論したいがその通りなんだと苦いコメントばかりが見られます。以上私の感想でした。実際音はずっと1200以上をキープしており。いつ暴落するかもわからない状況ですからね。

1 コメント

  1. 他国に集るのは止めろ、国際法違反で物資の横流し等、違法をやり放題韓国人は入国を拒否、絶対に拒否を、日本に入り込んで日本企業のような顔押して稼いでいる、法人企業を拒否しよう、何を売られているか知れたものではない#########

    返信削除

コメントを投稿