やっとなんだけど、日本が韓国に対して制裁措置を発動するみたいですね。今日は、産経新聞で報じられた日本からの制裁措置について、韓国でどのように報じられたかと、韓国人が予想する対抗措置について紹介するね。

ニュースの詳細

日本徴用被害者の賠償判決の問題を巡って、韓国と激しく対立している日本政府が来月から事実上の経済制裁を発動する。産経は今回の措置は、徴用賠償訴訟をめぐる事実上の『報復措置」が施行されると、韓国経済に悪影響を与える可能性があると予想した。日本政府はこれを7月1日に公式発表することが分かった。30日産経新聞によると、日本政府は、韓国の輸出管理の運用ポリシーを変更してTV・スマートフォンの有機ELディスプレイの部品として使用される、フッ化ポリイミド半導体製造過程で必要なレジストとエッチングガス(高純度フッ化水素)など、計3品目の輸出規制を7月4日から施行することにした。日本政府は、同時に先端材料などの輸出について輸出許可申請が免除されている外国為替管理法上の優遇制度であるホワイト国の対象から韓国を除外することにしたと産経は報道した。日本の経済産業省は、韓国の一連の輸出規制の動きについて「両国関係が著しく損なわれたと言わざるを得ない状況で信頼関係を基礎として、輸出管理をすることが困難になったとの背景を説明した。




ということで、時間がかかったんだけど、やっと制裁措置に踏み切るというニュースでしたね。

という感じで、韓国からも自動車の輸入規制や旅行制限の対抗措置にでたほうがいいのではないかという反応が多く、あと、安倍総理が選挙のためにやってるんじゃないかっていう意見までありますね。まあ、時期を考えると制裁措置にでたということが、100%選挙を意識していないかというとそんなことはないかもしれないけど、少なくとも日本政府はずっと予告していましたからね。いまさら、わめいたところで遅いっていうのが、心が一番思うことですね。それで韓国人も対抗措置を寄想してはいたんだけど、報復合戦になった時の結果についてはすでに韓国経済研究院が予想していて、韓国が負けることが分かっていますね。詳しくは、以前の動画を見てもらえればわかります。実際に、対抗措置として言っていた、トヨタなどの日本の自動車メーカーに対して関税率を上げるということなんだけど、トヨタでいうと韓国での販売台数は月に1000台ほどで、年間だと1万数千台にしかなりません。世界で年間1000万台以上売り上げることを考えると影響としては、0.1%程度しかないですね。ユニクロにしても韓国の売り上げは、6%程度しかありません。半導体産業におけるフッ化水素の影響と比べるとほんとに微々たるものですね。そして、韓国からの旅行者が減ることは、全体の25%近くになるから影響は大きいと思うんだけど、韓国からの旅行者は、マナーが悪いことはもちろん、お金を使わないことで有名だし、なによりも対馬を守る意味でも、少し観光客を減らした方がいいのではないかって思いますね。結局、韓国から日本に対して決定的なダメージを与えるものってないんですよね。まあ、文大統領も予想できたでしょうから、ここからが腕の見せ所ですね。

6 コメント

  1. 小奴達って恥じらいも泣く事で生き延びて来たからね。呆れて殺される確率は低く成る。嘘泣きだから、マジに受け取る必要無い。

    返信削除
  2. ひとは、悪い友達を持つ必要はない。国も同じだ。韓国なんて相手にするな。時間の無駄だ。

    返信削除
  3. ダイキンがエッチングガス作る工場を韓国に作るってニュース見たんだけど、エッチングガスに関しては規制しても意味ないんじゃない?

    返信削除
  4. 日本に攻撃してもいつもブーメランでダメージを受けるのは韓国なんだが…(笑)そろそろ気づけよな

    返信削除
  5. かつてはワールドカップを共催したくらい友好的だったのに、なぜ敵対心むき出しなのかな?

    返信削除
  6. 切り棄てゴメン!で良いと思うけどな
    限が無い!

    返信削除

コメントを投稿