韓国経済の危機が徐々に明確になってきているようです。これまでもさまざまな報道が上がってきましたが今回はコスティについて。スピードは韓国総合株価指数のことです。

ここ1カ月先進国の証券市場は上昇傾向にありますが韓国だけ下降傾向にあるとかないとか。どのようなことが韓国証券市場を取り巻いているのか。さっそく見ていきましょ。
先進国の中で唯一足踏みをしていると報道された韓国市場の現状は次の通りです。韓国証券市場の世界からの疎外現象が激しくなっている。この1カ月に先進国を中心に世界の証券市場の上昇は明確だが。韓国のコスティ指数だけ足踏みだ。下がる時はさらに下がり。上がる時はあまり上がらない市場の流れが続き。投資家の脱韓国の動きが速まっている。4日の韓国取引所によると。
先月以降米中貿易交渉妥結への期待に主要国の経済指標好転で。 世界の証券市場が上がる間にホスピー指数は01パーセント下落した。同じ期間にMSCI先進市場指数は20パーセント上がった。MSCI新興市場指数も01パーセントと大幅に上昇した。世界の証券市場は上昇傾向なのに韓国証券市場だけは下落しています。これは投資家たちが韓国に投資していた資産を引き揚げて他の国の市場に投資する脱韓国が進んでいることを示しています。他の報道機関投資家たちの脱韓国報道が上がっていますのでこの流れは間違いないでしょう。
またロシアが346パーセント。ブラジルが232パーセントなど新興国にも10倍以上の数値をマークされています。単純に比較できるものではないかもしれませんが数値だけ見れば韓国の上昇率の低さが際立っています。証券市場は年末で勢いに乗っているということですが。韓国だけは取り残されてしまったようです。イエペスと投資証券リサーチセンター長の4朴氏は。
2019年で見てもホスピー指数上昇率は23でトゥエンティのうち18位という結果に。これは経済危機となったトルコでも171パーセントですので。それと比べてもかなり低い数値です。アメリカが216パーセント。フランスが248パーセントなど。先進国は韓国の10倍ほどの上昇率です。

Post a Comment

أحدث أقدم